個人指導

そろそろ、完全な個人指導をする生徒を取りたいな、
と思う今日このごろである。

中国において、拝師をして弟子となれば、基本的にはその指導は、
個人指導へとシフトする。

僕の場合、幸運にもいきなり拝師をさせていただけたため、
その練習は套路の順序の学習は公園で、
細かい修正については師父宅の居間で行われた。

当たり前だが、集団での学習と個人指導では、その内容の濃さに違いが生じる。

誤解のないように述べておくと、師父は学生と弟子をそれほど明確に分けて
指導をされてはいなかった。
基本的に習っている内容は同じもので、その意味では、秘伝などというものは
師父の生徒・弟子間に存在はしていない。
だから、違いは何か、と問われれば、要するに、
どれだけの回数ダメ出しをされるか、
に尽きる。

公園での朝練では、学生の動作を交えた質問にも、師父は笑顔で答え、
それほど厳格な矯正をされなかった。

ある時、その様子を見て、あまりに自分が直された時とは違うゆるさに、
「今の動きでいいんでしょうか?」
と問う僕に、師父は、
「皆目的が違うから、いいんだよ」
と答えられた。
確かに、弟子になってマンツーマンで習おうという者は、
より正確で、武術として太極拳を求めるが、
健康法の一環として学ぶものは、そこまで求めていないのかもしれない。

あるいは、著名な師に学んでいるという充足感を求めているのかもしれない。

僕の教室では、(自分が商売に向いてないだけかもしれないが)基本的に
少人数での指導を行っている。
違う人間を相手にしている以上、致し方のないことだと思う。

しかし、もう少し一人ひとりに時間をかけたいというのが本音だ。
そうしてこそ、一つひとつの動作をしっかりと伝えていけるのではないだろうか?

そして、冒頭の思いに帰着するのだ。

Updated: 2014年4月28日 — 10:50 PM

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright © 2004 TAO BODY making laboratory Frontier Theme