研究の意義

なぜ当研究室は中国武術を研究・実践するのか?

それは、中国武術がいくつかの側面を持っているからです。

まず、 本来的な武術としての側面、 次に、 中国古来の哲学・思想的な側面、
さらに、 伝統医学との関連、 そして、 外形の美しさを求める芸術としての側面 などです。

これらは単独でも追求することができますが、一つの融合体としても追求することができます。 そこに、中国武術の特異性が表れています。

むろん、これは私の主観に依った意見ですので、反論のある方もいると思います。
ただ、縁あって中国武術に巡り会い、良き師に恵まれ、 良き同好の士に囲まれている過去・現在、そしてそうであることを願い、信じる未来において、
私は、自身の確信を持って研究・教授を続けていこうと思っています。

また、そうして中国武術を通して築いた身体感覚は、もっともニュートラルなものであると考えています。
それを証明するために、自らいろいろなスポーツに挑戦しているところです。
断っておかなければならないのは、私はけして子供の頃から運動優等生ではなかった、という点です。
勉強嫌い、運動嫌いだった私が始めた武術は、私の体を確かに変えてくれました。

運動が苦手な人たちや、体力に自信のない人たちに、
そこから脱するのは実はすごく簡単なことなんだ、楽しいことなんだ、
とわかってもらえるなら、 それが、私に武術を与え導いてくださった直接の老師方、
直接は触れることのできなかった多くの先師方への、
ささやかな恩返しになると信じています。

Copyright © 2004 TAO BODY making laboratory Frontier Theme