東洋身体研究室とは

「東洋身体研究室は健康に関するあらゆる問題
を一生の問題ととらえ東洋体育に根付く理論のもと
一つずつ解決していくことをめざします。」

その中心としてとらえているものが「太極拳」です。
「太極」は、「陰」と「陽」を表しており、
身体においては前と後、左右、上下、内外、順逆にあたります。
当会では太極拳の目的をこれらの「常に対立する意識」を持って、
正しく運動することで、体を太極の状態(バランスのとれた状態)にすることであると考えています。
太極拳は、もっともニュートラルな身体感覚を身につけることに適しており、
様々なスポーツを行う基となる身体バランスを身につけることができます。
またそれらの身体運用の方法には、 中国の思想や哲学が多く含まれており、
それを正しく学ぶことで、 身体のみでなく、精神的な健康の獲得をもめざしています。

Copyright © 2004 TAO BODY making laboratory Frontier Theme